若年性認知症とは?若年性健忘症との違いは?

認知症も健忘症も脳の機能が衰えている状態のことです。しかし、認知症と健忘症では症状の現れ方に違いがあります。それぞれの症状の特徴を上げると、以下の通りになります。

認知症

  • 記憶力=記憶力の低下にともない、思考力や判断力も低下する。
  • 物忘れの傾向=体験したことの全てを忘れる。
  • 日常生活への支障=暴行や徘徊などにともない、介護を必要とする場合がある。
  • 合併症=他の精神障害をともなうことが多い。

健忘症

  • 記憶力=記憶力が低下するが、思考力や判断力の低下はない。
  • 物忘れの傾向=体験したことの一部のみを忘れる。
  • 日常生活への支障=物忘れや勘違いが多くなるが、日常生活に支障が出ることは少ない。
  • 合併症=他の精神障害をともなうことは少ない。

 

認知症と健忘症について話す看護師

健忘症の場合、食事を食べたばかりなのに食事の内容を忘れてしまったり、買物に出かけたものの買う予定のものを忘れてしまったり、といったことが頻繁に起こります。

 

しかし、これらは多かれ少なかれ誰もが経験する日常的な物忘れであり、日常生活に支障を来たすというほどのものではありません(こうしたことが繰り返されることによって会社での評価が損なわれる可能性はありますが)。

 

また、健忘症は物忘れに対する自覚があるのも特徴です。最近、なんだか物忘れをすることが多くなったと感じる場合、それは認知症ではなく健忘症と言えるでしょう。また、健忘症は日常的な物忘れが繰り返されるだけであり、性格が変わってしまうということもありません。

 

認知症の場合、食事を食べたばかりなのに食事をしたことそのものを忘れてしまい、また食事を食べようとするといった行為が多々見られます。体験したことの全てを忘れてしまうというのが認知症の典型的な症状です。重度の認知症の場合、家族の名前が思い出せなくなることもあります。

 

また、認知症は物忘れに対する自覚がなく、忘れてしまっていることが分からないというのが特徴です。認知症では思考力と判断力が低下していることもあり、物忘れを指摘すると激怒されたり、癇癪を起こしたりする場合もあるので注意が必要です。

 

若年性認知症と若年性健忘症

脳は加齢によって衰えていくものであり、認知症も健忘症も高齢者に多く見られる症状です。しかし、近年では若年性認知症や若年性健忘症を患っている若者も増えてきています。記憶力の著しい衰えを感じる場合、これらの前兆という可能性もあるので病院で検査を受けた方がいいでしょう。

 

>>物忘れが激しい方へおすすめのサプリメントランキング

 

<関連記事>